オフ会・勉強会で、Movable Type ユーザーの和を広げませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Six Apartブログをご覧のみなさま、はじめまして!
Movable Typeのプロダクトマネージャー、「にっく」と申します。

これからときどき、シックス・アパートブログに登場すると思います。どうぞよろしくお願いします。

今回は、4月に行われたMovable Typeユーザーが集まるオフ会「MTCafe」と、同時期に北海道で開かれた「Movable Type 勉強会」についてご紹介したいと思います。
MTCafe

MTCafeとは?

MTCafeとは、名古屋のMTユーザー、鈴木(riatw)さんがはじめた、「Movable Typeユーザーのオフ会」です。

MTCafeを企画するにあたって、鈴木さんが考えたコンセプトは

"だれでも"、"気軽に"、"楽しく"、MTに触れることのできる場所です。 お茶、コーヒーなどを飲みながら、情報交換したり、おしゃべりしたり、参加者同士でホームページやプラグインを作ったりしませんか?

というものでした。従来のIT業界の勉強会は、座学形式のセミナーや講義のスタイルを取るものが多かったように思いますが、どちらかというと、昔ながらの「オフ会」のスタイルで企画されたようです。

2011年10月22日に、名古屋で第1回目が開かれました。当日の様子は、藤本壱さんのブログで紹介されています。
MTCafeに行ってきた

MTCafeの概要について、詳しくは以下のサイトをご覧ください。

MTCafe

MTCafe Tokyo

僕はMTCafeのコンセプトに、とても共感しました。

そこで、「会社の仕事」としてではなく、個人としてお手伝いしたいと思い、東京での開催を企画しました。

(念のため、当時の上司に「会社とは関係なく、個人で企画、参加します」と報告の上、許可をもらいました。)

これが「MTCafe Tokyo」です。

4月7日に開催されたMTCafe Tokyoは、こんな感じの内容でした。

  • 開始ご挨拶(にっく)
  • 一言自己紹介(各自、進行 にっく)
  • ライトニングトーク 前半
  • 雑談会(1時間程度)
  • ライトニングトーク後半
  • 終了のご挨拶、移動

今回はライトニングトークの間に「雑談」を長めに取りました。僕が勉強会に出るたびに思うのは、

「講義自体も楽しいけれど、勉強会の内容を肴に、わいわい語り合うのはもっと楽しい」

ということです。

講義内容が一種の媒介(カタリスト)となって、参加者同士の交流を助長するのですね。なので、意識的に雑談の時間を真ん中に入れてみました。

オフ会の詳しい内容は、参加者の皆さんによる詳しい記事がありますので、そちらをご参照下さい。


「フラットに、楽しく」

製品やサービスの「なかのひと」が、自分のユーザーさんたちとオフラインで会うときは、独特の緊張感があります。僕は、自分で企画をするにあたって、以下を心がけるようにしました。

嘘はつかない

最初に「自分はMovable Typeのプロダクトマネージャーをしている、シックス・アパートの社員であること」を、明示しました。また、企画にあたっては「会社とは関係なく、個人で企画、参加していること」を伝えました。

オフ会の最中、いくつか技術的な質問もありましたが、答えられることはできるだけ答えるようにしました。また、分からないことは、はっきり分からないと伝え、参加している皆さんに聞いてみたりもしました。

企業的にどうしても言えないことは「申し訳ないけれど、ここではお話しすることができないです」とお伝えするようにしました。

自分も一参加者として楽しむ

「なかのひと」であることを抜きにして、一人の参加者としてオフ会を楽しむようにしました。

僕自身、シックス・アパートに入る前は、ユーザーとしてMTを使っていました。シックス・アパートに入社してから1年程度しか経っていないため、まだユーザーの立場でMTを使っていた頃の感覚が強く残っています。MTに対して好きなところもあれば、仕事で苦労した所もたくさんあります。

そういったスタンスで参加したせいか、当日は皆さんが気軽に話しかけてくれました。

MTに対する苦情や要望もたくさん言っていただき、「なかのひと」としては勉強になりつつ、一ユーザーの視点で見ると「そのとおりだよなあ、もう少し頑張らないとシックス・アパート」と思いつつ、「あ、頑張らきゃいけないのは自分だよ」などと、心のなかの自分にツッコミを入れました。

もちろん「MTは、ここが良いよね!」という言葉もたくさんいただきました。

取り留めがなくなりましたが、短くまとめると

「フラットであること、自分も参加者として楽しむこと」

が、「なかのひと」がオフ会に参加する上で大事だ、と言えるのではないでしょうか。

北海道では、Movable Type勉強会が行われました。

ちょうど同じ時期に、北海道で「Movable Type勉強会」がonagataniさんの主催で開催されました。40人弱が集まったこの勉強会は、すでに第3回目ということで、こちらも大いに盛り上がったようです。

勉強会のレポートブログは、こちらです。当日の熱気が伝わってきますね!

MTユーザーの和をひろげませんか?

僕はパソコン通信の時代から、いわゆる「オフ会」が大好きでした。今回の「MTCafe Tokyo」開催は、

「自分が楽しいから企画した」

というのが大きいです。実際に、とても楽しく、非常に盛り上がりました。

MTCafeは、これから

  • MTCafe Nagoya
  • MTCafe Fukuoka

がそれぞれ、各地のユーザーさんの企画で開催が予定されています。また北海道でも、3ヶ月おきぐらいにMTの勉強会を開いていく予定があるようです。

みなさんも、気軽に、そして楽しく、MTユーザー同士で交流しませんか?

勉強会の形式でもよいですし、ちょっとした飲み会やランチ会でも、十分楽しいと思います。

わざわざシックス・アパートに許可をとる必要はありません。MTユーザー同士、どんどん交流の輪を広げて行きましょう!

Six Apart のメールマガジンを購読しませんか?

月に2〜3回、WEBマーケ、WEB制作、オウンドメディア運営に役立つTIPSや無料セミナー情報をお届けします。

Six Apart をフォローしませんか?

次の記事へ

上司がアクセス数を出せって言うから...

前の記事へ

「米国トップ100ブログの7つがMovable Typeを使っている」という調査結果への私的考察