「ブログのバックアップ」をとるサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近つらつらと考えている新しいブログ系サービス、第二弾です(第一弾はこちら→「一生に一度だけ書くでもOKな「たまに書くブログ」系サービス」)

service20130619.jpg

生々しい話で恐縮ですが、たいていのブログサービスより、人間の方が寿命が長いと思うのですよね。
長くても孫の代までは残ってないだろう、と。

で、今使っているブログサービスが終了しちゃったり、提供会社がつぶれたりすると、僕たちのブログはどうなるでしょう?

消えますよね。

いやでも、そんなあっさり消えてもらっては困るのです。
だって、これだけコツコツと長い間書き続けてきたというのに。
写真を加工してアップし続けてきたというのに。

ブログをちゃんと書いてきた人であればあるほど、自分のブログは可愛いものです。

それに、確かにしょっちゅう読み返すことはないかもしれないけど、例えば数十年後の自分が、あるいは子供や孫が、読みたがるかもしれないじゃないですか。

そういうことを考えたとき、自分のブログを、自分の手元、つまり自分のPC内に保存したい、という需要があると考えています。
いつの日かサービスが消えてしまったとしても、コンテンツは読めるように。

そこで。

ブログのバックアップ」をとってお届けするサービス、というのはどうでしょうか?

ブログ記事のエクスポート機能でいいじゃないか。それならたいていのブログについているし」とおっしゃる方もいるかもしれません。でも、それではダメなのです。画像はローカルに保存されないし、そもそもテキストがダラダラ続くだけで読みづらいことこの上ない。

wgetやgetHTMLでいいじゃないか」とおっしゃる方もいるかもしれません。でも、それだと不十分なのです。あちこちリンク切れして、醜いし見にくいので。

できれば今のブログ記事を、その形のまま、ローカルで再現可能にしたいのです。

一度ローカルにデータをとれれば、それをどれだけちゃんと保管できるかは、自分次第になります。
少なくとも、自分の力ではいかんともしがたい「ブログサービスが終了するかどうか」みたいなものを恐れる必要はなくなります。


イメージしている概要は、こんな感じでしょうか。

  1. 自分のブログ記事を、その形のまま、全部ローカルに保存できる
  2. コメントや、可能であればソーシャルの反応もまとめてローカルに保存できる
  3. ローカルからレイアウト崩れやサイト内リンク切れなく見ることができる

実現方法はいろいろありますが、例えばこんな感じでしょうか。

  1. wgetのような動きで、1つのブログのデータをまるごと全部持ってくる
  2. Zenbackの機能を利用して、はてブ、Twitterのリツイート数、Facebookのいいね!数なども持ってくる
  3. 画像やサイト内リンクについて(CSSとか月別アーカイブとか)は、リンクを相対パスにする。JavaScriptも動くようにする
  4. できあがったデータを、まとめてダウンロードできるようにする

最低限、記事がローカルでちゃんと見れればいいですが、可能であれば、ブログのデザインごと、まるごとローカルで見れるといいと思います。

また、全データバックアップだけではなく、毎月前回との差分だけをバックアップできる、などもあっていいと思います。

バックアップデータの渡し方はダウンロードでもいいのですが、特別にデザインしたUSBメモリやDVDなどに入れて、綺麗に包装して、郵送でお届けしてもいいかもしれません。思い出の保存なので。

ブログサービスだけではなく、例えばFacebookやInstagramやGoogle+などにも対応しても良いかもしれません(Twitterには既にこの機能が備わっていますねFacebookにも不完全ながら)。

一度こうしてまとめたブログ記事データを、どこかに静的ファイルとして再アップできてもいいかもしれません。
自分の記事が、検索やソーシャル経由で、いつか誰かの役に立ったり、誰かを楽しませたりするかもしれませんので。

このサービスについては、既にかなり具体的なビジネスモデルやマーケティングまで脳内で妄想しております(全部書くと長過ぎる記事になるので省きますが)。

いかがでしょうか?

そして、ブログを書いている一個人としても、このサービスを、とても使いたいと思います。

もしこういうサービスがあったらどう思われますか? よかったらご意見ください。

Six Apart のメールマガジンを購読しませんか?

月に2〜3回、WEBマーケ、WEB制作、オウンドメディア運営に役立つTIPSや無料セミナー情報をお届けします。

Six Apart をフォローしませんか?

次の記事へ

元・記者から見たオウンドメディア運営の勘所は「職場環境の改善」!?

前の記事へ

ライトニングトークなんて怖くない! 初めての人のためのノウハウをまとめたよ