Six Apart ブログ編集会議 vol.2 〜 社長賞の行方編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。マーケティング担当の伊藤大地です。

今回も編集会議の模様をお伝えします。今回は、四半期ごとに一番アクセスを集めた書き手に贈られる、社長賞の存在があきらかに......

流入元はソーシャルが中心

daichi

LINEスタンプ買いまくってたら昼ですよ......。

mtakahashi

これさっそく議事録の記事の頭に使えそう(笑)

一同(笑)

mtakahashi

まずはアクセス状況からお願いします。

daichi

ざっくりしたアクセス数を見てみますと......

今日までの過去1か月を見ています。MTのネタはわりと固い印象ですね。一番アクセスされていた「iPhoneと駐車場『Times24』の意外な共通点」は、佐々木俊尚さんにRTされたのが大きいですね。

mtakahashi

アクセス数で見ると、最近公開された記事のほうが不利なんですよね。

清田いちる

これ、なにかの成果報酬制なの......?

一同 (笑)

daichi

やはり、流入元はFacebookやTwitterが多いですね。あとははてな、GIGAZINEとか......。

mtakahashi

なんでGIGAZINEが入ってるんだろう......

daichi

その日のピックアップニュースのようなもので取り上げられたみたいですね。行ってみると、テキストリンクがあるだけなんですが、それでもこれだけ流入しているのはさすがGIGAZINEですね。

検索経由だと、Facebookとなにか、の組み合わせで多く来ています。こういうコンテンツを積み上げていくと、長期的に安定したPVが望めるようになるんでしょう。Twitterがらみの記事もありますけど、検索ワードはFacebookが多い、というのが今の時勢を感じますね。

Six Apart ブログは、よそからお客さんを呼んでくる入り口になっています。まだまだ記事から先に、製品ページへ遷移したり、という数は少ないですけど、ここはチリも積もればというところだと思います。

kaoritter

いまのSix Apart ブログには回遊させる要素があまりないですよね。もっと関連記事とか、製品ページへの導線をつけてもいい気がします。

daichi

あと、ソーシャルメディアで人気になった記事は、相当数、会社のことを何も知らずリンクを踏んで読みに来ている人が多くなるので、数字自体は悪く見えるって部分もありそうです。

Zenback の関連記事はオンになってないの?

mtakahashi

もうけっこう記事も増えてきたのでオンにしたほうがいいですね。

 あと、結構 Six Apart ブログを入り口にしてなんらかのコンバージョンが取れていますね。

これって、同じセッションの中でという意味なのかな?

daichi

訪問単位なので、セッションではなくて最初にアクセスして30分以内という単位ですね。3万PVのうちのゼロ点数パーセントが、コンバージョンにつながった、ということになりますね。

清田いちる

まあ、ここはメディアなので、あんまり売ろうとすると嫌らしくなって、お客さんに来てもらう、って本来の役割果たせないので、バランス取りながらですね。

mtakahashi

ちなみに、Google Analyticsのタグも入れているんですが、ここでちょっと実験をしてみたいと思います。今、このトフの記事を公開して、そのあとのアクセスの波をリアルタイムで見たいかなと。ソーシャルメディアで拡散してうわーっと人が来るグラフを見てみましょう。

おー、来てますね。

清田いちる

とりあえずみんなはてブしてみればいいですよ。3つ付くとホットエントリ入るんで。3つ入りさえすればいいんです。それ以上はあまりPVに関係ない。はてブして、画像をTumblrに流して、TwitterとFacebookにコメントして流せばもう確実に。Google+がいまいちわかんないんだけどね......。自分のブログのフィードを流すやり方もわからないし。

それ、手動でやらなきゃダメなんですよ。

清田いちる

そこまでしてアクセス欲しくないかな......

一同 (笑)

mtakahashi

こうやって見てると、Twitterから来ている人が多いですね。

kaoritter

ちょっとみんな同時に告知しすぎ(笑)

清田いちる

1時間くらい置いたほうがいいですよね。

mtakahashi

やっぱりTwitterは瞬間風速ですね。Facebookは......

Facebookはリアルタイムってより、コメントが付くとまたウォールの上に上がってくるんで、勝手に繰り返しツイートと同じ効果があるんですよね。

mtakahashi

Twitterの数が多いなー。

清田いちる

でも、1時間後にはなくなってるんですよね。あっという間に終わる。

記事のネタは、瞬間風速系と検索じわじわ系をバランスよく

mtakahashi

今後のネタですが、一気にソーシャルで拡散されるような爆発力ある方向性の記事と、時間が経っても検索でアクセスが集まる、ロングテール系の記事と、両面を戦略的に混ぜていきたいですね。

(ちょっとあれこれとブレストが始まる)

mtakahashi

やっぱ、検索流入のワード見ると、みんなFacebookについて悩んでるんですよね。Facebook OGP とか、Facebook img とか......。Facebookは当面ネタになりそうです。

もう仕様変更がめまぐるしいので、Facebookから出してるドキュメント和訳するだけでも価値があるかもね。

四半期に一回、もっともアクセス集めた筆者に社長賞やりますか。

一同 おお!

kaoritter

はてブ賞とか、Facebook賞とかも欲しい!

賞多すぎるでしょ(笑) 社長賞だけでいいって(笑)

mtakahashi

ところで、TechTalkは書いてる人が少ないんですが......

shigeta

いや、エンジニアはいろいろと難しくて......毎回言っているような気がするけど......

一同 (笑)

daichi

じゃあ、社長賞目指して皆さん頑張って書いてくださいということで......

mtakahashi

今ココで好きなものを言っちゃえばそれもらえるんじゃない?

(もうぜんぜん使ってない)Kindle Fireとか古いiPadとか......

一同 ただの処分じゃないですか(笑)


過去の編集会議の模様はこちらから

Six Apart のメールマガジンを購読しませんか?

月に2〜3回、WEBマーケ、WEB制作、オウンドメディア運営に役立つTIPSや無料セミナー情報をお届けします。

Six Apart をフォローしませんか?

次の記事へ

Movable Type の Azure 対応。絶賛開発中!!

前の記事へ

ソーシャルメディアの力は絶大だった! Six Apart ブログのオープン後1ヶ月間のアクセス解析結果を晒します