ブログ記事のクラウドファンディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いちるです。寄付や支援はするのもされるのも好きな方です。

ちょっと諸事情バタついて前回からだいぶ間が空いてしまいましたが、新サービス妄想企画の第6弾を書かせていただきます。
「ブログ記事のクラウドファンディング」です。

crowdfunding2013111801.jpg

どんなサービス?

「こんな記事、ブログに書きたいなあ。でも結構お金かかるんだよなあ……」

と逡巡したあげく、ネタをお蔵入りにしてしまうことって、ときどきあると思います。

そんなときに役立つかもしれないのがこのサービス。
ブロガーやライターは、ここで、クラウドファンディング形式で資金調達ができるのです。

「こんな記事を書きたいので、○○万円の支援をお願いします」
といった感じです。

もちろんCampfireReadyfor?などの既存のクラウドファンディングでも、調査や書籍映画作成といったことはできますが、しかしこのサービスでは「ブログ記事だけ」に対象を絞ることによって、まぁ、そういうのがお好きな方々が集中する環境を作ります。
また、海外には例えばSpot.UsVournoといったジャーナリスト専用のクラウドファンデングがありますが、本妄想では、ジャーナリスティックではない、もっと身近で、もっとユルくて、もっと軽くて、もっと安いものも想定しています。

例えば?

例えば自分の例で恐縮ですが、僕は1年くらい前、ニューヨークで伝説になってるらしい「一風堂の角煮まん」を食べたくて食べたくて仕方がなくて日本国内で爆走空回りしていました。

当時は「ニューヨーク行ってこいよwww日帰りでwww」という煽りをたくさんいただいたものです。いろいろあって結局行かなかったのですが、もしこのクラウドファンディングサービスがあったら、ネタとしてニューヨークへの渡航費用を募集して、もし集まったらそのノリで本当に行っちゃっていたのではないかと思います。

あるいは、「子供撮影用のデジカメを3台くらい試し買いして、実際に使ってみて比較したい」とか、「Microsoft Surfaceって実際自分のデータ入れてしばらく使ったらどうなのか、使い勝手を試してみたい」などといったレビュー系は相性良さそうです。
メディアによるお仕事でのレビューや、価格.comでの半ば匿名のガチすぎるレビューの他に「あのブログの管理人が、あれのレビューするのを読んでみたい」という需要はあるのではないかと思います。

(もう一歩進めて、「あのブログにこれ書いてください」と頼みコムする機能があってもいいな)

記事の公開場所

記事の公開場所はもちろん自分のブログで良いのですが、ブログを持ってない方は、以前妄想した「一生に一度だけ書くでもOKな「たまに書くブログ」系サービス」に場所を作り、そこで公開すれば良いと思います。

こうすれば、ブログを持ってない人でも、新たにブログを作ることなく、思いついたアイディアで支援を集めて記事にすることができます(もちろん資金調達はより困難でしょうが)。

課題

例によってこれは詳細に検討した案件ではなくただのアイディアですので、課題は山積みです。

バックレ防止とか、そもそも募集や資金が集まるのかとか、支援してくれた人への報酬は何か、といった、クラウドファンディング一般が抱える課題の他に、そもそも、「ブログ記事用」程度の小額のクラウドファンディングというのは現実的なのか? という問題があります。

ただ、もろもろの課題を抱えつつ、もし実現できたら、今までより「ちょっと手間ヒマのかかった記事」が、世にたくさん出るようになります。
個人によるそういう記事って、往々にして、メディアやクチコミとはまた違った切り口と語り口の、長く読まれる良質なコンテンツになることが多いのではないでしょうか?

いかがでしょう。コメントなどいただけると幸いです。

【参考】今までの新サービス妄想

  1. 一生に一度だけ書くでもOKな「たまに書くブログ」系サービス
  2. ブログのバックアップをとるサービス
  3. ソーシャル質問サービス
  4. マンガのコマを指定してTシャツにするサービス
  5. 記事広告「だけ」が書かれたブログメディア

Six Apart のメールマガジンを購読しませんか?

月に2〜3回、WEBマーケ、WEB制作、オウンドメディア運営に役立つTIPSや無料セミナー情報をお届けします。

Six Apart をフォローしませんか?

次の記事へ

好きな人のオンラインでの発信をぜーんぶ読める「“ひと”まとめ」

前の記事へ

gooブログ企画担当の方とブログLOVE!なガールズ・トークしちゃいました!