最近のオウンドメディア勉強会を振り返る【第42-45回オウンドメディア勉強会レポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

omstudy42-45.jpg

こんにちは〜。オウンドメディア勉強会の主催のことぶきです。

2014年にスタートしたオウンドメディア勉強会もゆるゆる続けてきたら45回になりました。イベントへの登壇、会場協力、運営協力に加えて、もちろんご参加いただいてる皆さまのおかげです。いつも、ありがとうございます!

ここ数回の勉強会は、テーマを絞って参加者少なめ&情報密度高めの会を開催しておりました。

運営スタイルは、事前アンケートで集まった議題を、その場で参加者に問いかけ、出てきた答えを運営がその場でスライドにメモっていく方式でした。出てきた議論のメモは、開催後まとめて参加者のみに共有しています。

いらすとやさんの素材で説明すると、こんな感じです。

omstudy.jpg

というわけで、各回のテーマと雰囲気をご紹介します。


第42回 「技術系オウンドメディア座談会」

om42.jpg

bit & innovation さんの会場をお借りして開催しました。

この回のテーマは、主にエンジニアを読者対象とし、エンジニアが執筆するブログのノウハウについて。自社ならではの知見を積極的にアウトプットすることで社内への共有、技術コミュニティへの貢献、そしてリクルーティングに活かすためのメディアです。

自社メディア以外の活動として、コミュニティの勉強会での登壇や他社オウンドメディアへの寄稿も活発でしたね。

第43回 「オウンドメディア始めたばかり or これから始める人限定座談会」

om43.jpg

43-45回はすべて神保町のシックス・アパートのオフィスで開催しました。

43回は、オウンドメディア運営のベテランと始めたばかりの方にご参加いただき、さまざまなお悩み相談にお答えする会でした。読者対象が異なれば、運営も変わります。ネタ探しも社内にあるまだ公開していないノウハウの発信がメインなメディアもあれば、読者が必要な情報を徹底的に分析しまとめて発信するメディアもあり、コンテンツの拡散についてもSEOやSNS重視なメディアもあえて検索上位を狙わないメディアもありました。異なる角度からの話が出てきて、議論が非常に盛り上がった回でしたね。


第44回 「社員に愛されるオープンな社内報について考える会」

om44.jpg

あえて社内に留めず、社内外の人に読んでもらうためのオープンな社内報の会も行いました。社内のあれこれを公開することで、カルチャーフィットした人材の獲得に繋がった事例の話もありました。社員はもちろんそのご家族に読んでもらえることも、会社への愛着意識を高めていくことに繋がりますね。

第45回 「このネタ、どこで発信する? 分散型オウンドメディアについて語るランチ会」

om45.png

オウンドメディア勉強会初のランチ会として開催しました。シックス・アパートの会議室で、みんなでランチ食べながらだったので、テーマにこだわりすぎず、話があちこちに飛ぶままにいろんなメディアの運営事例を教えてもらった会でしたね。

夜だと参加しにくい方もいらっしゃっるので、ランチ会もたまにやっていこうかなーと思っています。


というわけでここしばらくは、小さな規模でやっておりましたが、第46回となる4月の勉強会は「社内ライター?編プロ?クラウドライター? 記事制作のパターンあれこれ」と題した回を、大きめの会場で開催します!あと数席ですが、まだ参加可能です。ご興味ある方はお早めにお申し込みください。

また、6月にもライターに関連したテーマでの開催を考えています。ご興味ある方はオウンドメディア勉強会のご参加をお待ちしています。


もうひとつ告知です。

4/3(水)の19時から、渋谷のhoops link tokyoにて「DevRel Meetup in Tokyo #40 〜オウンドメディア成功の秘訣〜 - connpass」で、オウンドメディア勉強会での学びを発表させていただきます。

直前の告知で恐縮ですが、こちらもまだ若干お席があるようですので、よろしければご参加検討ください。

ではでは、どこかの会場でお会いしましょう〜。



オウンドメディア勉強会 関連記事

Six Apart のメールマガジンを購読しませんか?

月に2〜3回、WEBマーケ、WEB制作、オウンドメディア運営に役立つTIPSや無料セミナー情報をお届けします。

Six Apart をフォローしませんか?

次の記事へ

社内ライター?編プロ?クラウドライター? 記事制作のパターンあれこれ の会を開催しました【第46回オウンドメディア勉強会レポート】

前の記事へ

「WebP導入は、まだ早いよね?」という人も、今のうちに知っておきたいWebPのこと